国際反戦デー集会を開催!


2003年10月21日午後6時より、大阪市剣崎公園において「国際反戦デー大阪集会」が同集会実行委員会の主催で開催されました。
この日は一日中冷たい雨が降り、夕方まで小雨がぱらつくあいにくの天気でしたが、300名近い労働者・市民が参加しました。

集会の最初に主催者を代表して、ユニオン・ネットワークの山原さんが挨拶。山原さんは「労働組合が積極的に反戦闘争に取り組むという歴史を引継ぎ、朝鮮半島情勢が切迫する今こそ、労働者が反戦運動の先頭に立とう!」と力強くアピールしました。
大阪労働者弁護団の森弁護士の発言の後、「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク事務局の神志那さんが、「ブッシュ政権のイラク占領は完全に破綻しています。ブッシュは国内外で追い詰められています。アメリカの反戦団体A.N.S.W.E.Rが呼びかける10月25日の世界統一行動を、大阪では扇町公園で開催します。ぜひ参加してください!」とアピールしました。

韓統連大阪本部の崔さんは、日韓民衆連帯を訴えました。崔さんは「10月18日に韓国政府が決定したイラクへの第二次派兵にたいし、韓国では連日抗議行動が闘われています。自衛隊のイラク派兵は、アジア民衆にとって日本軍国主義の復活を危惧させるものです。自衛隊派兵を阻止するためにがんばりましょう」と連帯のメッセージを語りました。

全日建設連帯労組や全港湾など参加した労働組合の決意表明の後、最後に大阪府議会議員の尾辻かな子さんが挨拶。尾辻さんは「不況がますます深刻化するなか、労働者にしわ寄せをしながら、イラク占領のために私たちの税金が使われようとしています。弱者を切り捨て、戦争に向かう今の小泉政権は許せません!」とアピール。(尾辻かな子さんのホームページはこちらです http://www004.upp.so-net.ne.jp/otsuji/ )

集会の最後に、大塚製薬労働組合の仲間が、大塚製薬の不当労働行為を許さずに闘う決意を表明しました。  
(大塚製薬労働組合の闘いについては、こちらのページを参考にしてください!http://www5d.biglobe.ne.jp/~hangaku/hangaku/jousen225/ootukaroudoukumiai.htm )

集会終了後、元気よくデモに出発しました。まず、中労委命令を無視して不当なリストラを強行する大塚製薬大阪本社前で抗議の声を挙げました。
※ この抗議の様子をビデオでご覧になりたい方はこちらをどうぞ! 

自民党大阪府本部前では、「自衛隊のイラク派兵を阻止するぞ!」「有事法の発動を許さないぞ!」と抗議のシュプレヒコールを行い、この日の行動を終えました。

 (ブロードバンド対応の方はこちらのMPEGファイル1.22MBをどうぞ!)



しないさせないHPトップへ


被リンク SEOの1andONLY