7日 ソウルで「ピョンテク・韓米FTA」文化祭 開催

【統一ニュース 2006/5/29】

 文化芸術人たちが6月7日、ソウル光化門一帯で「ピョンテク米軍基地拡張反対と韓米自由貿易協定(韓米FTA)阻止文化ハンマダン」を開く。

 7日午後2時から、詩人・美術人・映画人などが「文化広場」を開く。「文化広場」には200余点の文化作品が展示され、マンガ展・美術展をはじめト・ジョンファン氏など20余名の文化人たちとチェ・ミンシク氏など映画人たちの「サイン会」が予定されている。

 あわせて「リレー街頭コンサート」「韓米FTAを批評するパフォーマンス」など、市民たちが共に参加できる文化行事も多様に準備されている。

 特に午後7時30分からは、映画俳優のクォン・ヘヒョ氏の司会で、ユン・ドヒョンバンド・コッタジ・ウリナラなどが出演するコンサートが開かれる予定だ。

 主催者側は、今回のコンサートに対し「大衆的な文化芸術人たちが共にし、一般市民たちの自然参加を導く絶好の場となる」と明らかにした。

 コンサート以外にも、「韓米FTA真実と嘘」「5月、そして2006年5月」などの映像上映、民族文化公演などを通して、参加した市民に「ピョンテク問題」と「韓米FTAの本質」などを伝える場として作っていくことが、この行事の企画意図
である。

 この行事は、「ピョンテク米軍基地拡張反対と韓米FTA従属推進に反対する文化芸術人たち」が主催し、「ピョンテク汎国民対策委員会」と「韓米FTA阻止汎国民運動本部」が後援する。

 一方、「ピョンテク汎国民対策委員会」が、来月4日に予定していた、ピョンテク・テチュ里「第3次汎国民大会」を18日に延期することにし、代わりにこの日「トドゥ里・テチュ里住民の日」行事と「平和巡礼団キャンドル文化祭」を開くことにした。

(翻訳・編集:韓統連大阪本部)



ピョンテック・トップへ


しないさせないHPトップへ


被リンク SEOの1andONLY